タイの洪水情報

June 20, 2022
Sutiwat Prutthiprasert
No tag assigned

タイの洪水情報

[概要]

  • 5月下旬の降雨量は昨年と比較すると特に南部において多い傾向です。
  • 6月前半は南西地域や東部地域沿岸を中心に多くの地域で雨が多くなる予想です。
  • 6月の後半には南西モンスーンが弱まり、降雨が減少する傾向になります。
  • チャオプラヤ川流域の主要ダムの貯水量は5月中旬に到来した雨季の影響により、5月上旬と比較するとやや増加しています。
  • Yom川(チャオプラヤ川上流)の水位は5月初旬より高くなっています。しかし、チャオプラヤ川上流と下流の全体的な水位は平常時よりも低い状況になっており、洪水の危険はありません。

降雨量

下図はそれぞれ、(左)2021年1月1日~5月29日における累積降雨量、(中央)2022年1月1日~5月29日における累積降雨量、(右)2022年1月1日~5月29日における累積降雨量の平年(直近30 年の平均降雨量)との差を示しています。

2021年と2022年の5月下旬までの累積降雨量を比較すると、2022年の累積降雨量は200 – 1200 mmになっており、全国的に2021年より多い傾向です。特に南部地域で顕著になっており、これはラニーニャ現象が原因と考えられます。平年と比較しても、特に南部および北部にて累積降雨量が多い地域が見られます。

天気予報

6月の各地域の降雨量と降雨日数の予測を下図に示します。タイ気象局の月間天気予報によれば、降雨は6月前半まで続き、降雨の範囲はタイ全土の約40〜60%に及ぶ見込みで、地域によっては大雨になる日もあります。なかでも東部や南西部では降雨の範囲は約60~80%になる見込みで多くの地域で雨が降り、一部では大雨になる可能性があります。6月の前半に全国を覆っている南西モンスーン1の威力が弱まるため、月の後半には降雨量や雨の範囲が減少する傾向があります。また、モンスーントラフ2が一時的に北部や北東部に停滞し、月の後半には国の南部に沿って停滞する見込みです。

6月の降雨量予測では、北部地域の総降雨量は平年(過去30年間の平均値)並みになりますが、南部の総降雨量は平年より約10%少なくなる可能性があります。

6月は北太平洋の西地域から熱帯低気圧が発生し、フィリピンを通過して、南シナ海へ移動することが予想されます。そのため、タイ全土とアンダマン海を覆う南西モンスーンが強まり、特に南西地域や東部地域沿岸を中心に雨が多くなると予想され、注意が必要です。

 ※1:モンスーン=季節風(季節によって吹く方向が変化する風)。

※2:モンスーントラフは南北に移動する熱帯収束帯。熱帯収束帯では積乱雲が発達しやすく
雨が多い。

ダム貯水量(Sirikitダム、Bhumibolダム)

貯水量:Sirikitダム(貯水率39%2022529日時点)

貯水量:Bhumibolダム(貯水率45%2022529日時点)

Sirikit ダムの貯水量は昨年と比較して年初は少なかったものの、5月29日時点では昨年より若干多くなっています。Bhumibolダムの貯水量は北部の降雨量が多いため増加しており、昨年より高いレベルで推移しています。

ダム貯水量(Pasakダム、Kwaenoi ダム)

貯水量:Pasakダム(貯水率30%2022529日時点)

貯水量:Kwaenoiダム(貯水率38%2022529日時点)

PasakダムとKwaenoiダムの貯水量は年初と比較するとかなり減少していますが、貯水量は昨年よりやや多い状況です。

チャオプラヤ水系の河川水位(チャオプラヤダム上流)

5月29日時点のYom川の水位は5月上旬より高くなっており、特にPhichit県の水位が高くなっています。Ping 川、Wang川、Nan川は5月の上旬とあまり水位が変化していません。チャオプラヤダム上流では川の水位は堤防より低くなっているため、洪水危険はありません。

チャオプラヤ水系の水位

2022年5月29日

【備考】
河川の中に示されている黒文字の数値:河川流量(m3/sec
緑文字・+(プラス)-(マイナス)付きの数値:堤防天端から河川水位までの距離(0になった場合、洪水が発生)
水位レベルのU/SD/Sm.で表示されています。

チャオプラヤ水系の河川水位(チャオプラヤダム下流)

5月29日時点のチャオプラヤダム下流の河川水位は5月初旬から大きな変化はなく、川の水位は堤防よりも低く、洪水危険はありません。

チャオプラヤ水系の水位

2022年5月29日

【備考】
①河川の中に示されている黒文字の数値:河川流量(m3/sec
カッコに示されている数値:河川流量(m3/day
③緑文字・+(プラス)-(マイナス)付きの数値:堤防天端から河川水位までの距離(0になった場合、洪水が発生)
参照
http://www.arcims.tmd.go.th/dailydata/yearRain.php
https://www.tmd.go.th/monthly_forecast.php
https://www.thaiwater.net/water/dam/large
http://water.rid.go.th/flood/plan_new/chaophaya/Chao_up.php?cal2=29052022
http://water.rid.go.th/flood/plan_new/chaophaya/Chao_low.php?cal2=29052022
https://www.pexels.com/photo/silhouette-of-house-and-trees-by-water-during-golden-hour-1044330/

__________________________________________________________________________________________________________

MS&AD InterRisk Research & Consulting, Inc. is a MS&AD Insurance Group company specialized in risk management survey research and consulting services. For inquiry about consultation and seminar etc. for companies expanding business in Thailand, please feel free to contact the nearest Mitsui Sumitomo Insurance or Aioi Nissay Dowa Insurance sales representatives.
MS&AD InterRisk Research & Consulting, Inc.
International Section, Corporate Planning Department
TEL.03-5296-8920
http://www.irric.co.jp

__________________________________________________________________________________________________________

InterRisk Asia (Thailand) is a MS&AD Insurance Group company which was established in Thailand to provide risk management services, such as fire safety, flood risk management, electrical safety and risk consulting services, such as automotive risk assessment, occupational safety and burglary risk survey to our clients in Thailand. For inquiry, please feel free to contact us.
InterRisk Asia (Thailand) Co., Ltd.
175 Sathorn City Tower, South Sathorn Road, Thungmahamek, Sathorn, Bangkok, 10120, Thailand
TEL: +66-(0)-2679-5276
FAX: +66-(0)-2679-5278
http://www.interriskthai.co.th/

__________________________________________________________________________________________________________

AUTHOR

Sutiwat Prutthiprasert