InterRisk Asia (Thailand) Co., Ltd.

  • 日本語 |
  • TH

リスク調査サービス

リスクサーベイ(事故の予防、損害軽減策)

お客様の工場・施設の現場調査を行い、火災・爆発リスクを中心とする安全管理体制の評価および現場での改善ポイントをアドバイスするものです。
現場調査の結果から、ソフト面、ハード面、業種リスクそして現場調査時の状態を評価して総合的なリスク評価結果をご提示させて頂きます。

survey_graph1

現場調査時の状態から、有効と考えられるリコメンデーションをご提示させて頂きます。

survey_graph2 お問い合わせはこちら

洪水リスクサーベイ

洪水リスクおよびその防止・軽減策について、立地・周辺状況、設備面、
管理体制などの点から診断いたします。診断結果に基づき、貴施設の洪水リスクの防止・軽減策につきまして、
具体的にアドバイスさせていただきます。

調査項目 概要
立地 過去の洪水履歴。最も近い計測ポイントでの降雨データ等の調査
防水堤 敷地の防水堤の管理状況
敷地内サービスドレンおよび排水ポンプ 管理状況の確認
電気設備、システム機器 洪水発生時における電気設備・システム機器の安全性評価
洪水対策に関するアドバイス等 完成品・原材料の移動、電気設備機器の嵩上げ、機械設備の移動等洪水対策に関するよろず相談
お問い合わせはこちら

電気設備表面温度サーベイ

アジア各国では、1年中高温多湿の気候であることから、電気設備の劣化、過電流等による出火リスクが高いことがわかっています。電気設備の表面温度をビジュアルに測定することにより電気設備の状態を把握することができます。

発熱原因
ナット取り付け部の締め付け不足
漏電
電気設備の劣化
過電流
survey_pic3
お問い合わせはこちら

アンダーライティングサーベイ

お客様が保険を契約する際に、対象となる工場・施設の現場調査を行い、リスクを評価するものです。
この結果は、保険会社により保険料の算定の際の参考資料および保険会社が他の保険会社と当該物件についての契約を交わす際のリスク評価情報として使用されます。

調査項目(例)

調査項目 概要
安全管理体制 防火・防災体制の組織、日頃からの活動等
業種・工程 工程の内容と特有リスク(過去事例から)
ストック・在庫量 在庫量と倉庫の場所
建物構造・配置 防火区画と建物配置(建物間距離等)
危険物・爆発物有無 引火性物質、爆発性物質の種類と量
消火設備 設置消火設備の能力とメンテ状況
設備点検体制 設備の点検状況
お問い合わせはこちら

労働安全サーベイ

従業員の労働安全に関する調査を行います。ハード面でのフェールセーフ機構、フールプルーフ機構等が適切に設置されているかどうか、また、ソフト面からは、労災防止教育、毎日の安全確認活動(ツールボックスミーティング、ヒヤリハット教育等)が適切に行われているかどうか、また、職場の安全度向上の観点から、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)活動のレベル評価等を行います。

調査項目 概要
フェールセーフ機構 再起動防止回路、ガードインターロック、ホールド停止監視回路
危険箇所の停止センサー、ホールド・ツー・ラン回路
などの設置有無および機械の状態と作業業況。
フールプルーフ機構 インターロックガード、両手操作ボタン、接触トリップ機構、安全プラグなどの などの設置有無および機械の状態と作業業況。
安全教育レベル 従業員に対する労災防止教育、労災事故の情報共有、
職場での各種安全啓蒙活動等の実施状況
安全活動レベル 職場でのヒヤリハット、ツールボックスミーティング、現場改善活動等の実施状況
職場安全レベル 職場自体の整理・整頓状況、危険箇所の有無等

フェールセーフ: システム又はこれを構成する要素が故障しても、これに起因して労働災害が発生することがないように、あらかじめ定められた安全側の状態に固定することにより作業者の安全を確保する仕組みのこと。

フールプルーフ: 作業者が犯すミスが直ちに災害につながることが予想される場合には、あらかじめその対策を講じるという考え方

お問い合わせはこちら

盗難リスクサーベイ

盗難リスクについて、倉庫もしくは保管庫の立地条件、内部作業者入退出ルール、防犯カメラ等各種ハードの設置状況について調査・診断いたします。
診断結果に基づき、貴施設の盗難リスク軽減策につきまして、具体的にアドバイスさせていただきます。

調査項目 概要
出入口・鍵・強度 出入口周囲状況の死角有無。扉・鍵の強度に関する評価
夜間周辺環境 夜間の照明の状況
敷地境界の侵入箇所 敷地境界部の侵入可能性の有無。侵入し易さ等の評価。
防犯カメラ・防犯システム 防犯システムの評価
内部作業者の入退出ルール 商品持ち出し等内部犯行の可能性に関する評価
お問い合わせはこちら